フルバック通信 第136号(2020/02/10)

 
こんにちは。デジタコ物流情報システム開発フルバック四日市です。
みなさま、いつもご愛読ありがとうございます。
 
 
目次

  • 1.霊験あらたかに(新年会)
  • 2.縄文萌え~ 番外編~
  • 3.最近の出来事 ~酢ピーナッツ~
  • 4.よろず小技集 ~バターを上手に塗る方法~
  • 5.社員紹介 ~営業チーム:藤牧祥吾~
  • 6.TDBC認定ソリューション第1号!

 
 
 
 
1.霊験あらたかに(新年会)
 
 
デジタコ&物流情報システム開発のフルバック@デ新年会
 
 
今年はこのまま雪があまり積もらない冬になりそうですね。ご無沙汰してます、服部です。

毎年恒例行事となりつつある新年のオリエンテーリングを実施しました。今回はチーム戦を実施しつつ神社やお寺を回ることで、皆の無病息災と会社の更なる発展を祈願してもらおうと企画しました。

企画立案者としては、5~6か所の神社仏閣を訪れて、御朱印を2~3個ほどいただければ御の字、とのんびりした内容を想定していたのですが、西川チームは予想を反して15個を超える御朱印を5時間足らずで集めてきました。

営業メンバーが西川チームに偏っていたとはいえ、営業メンバーの機動力を侮っておりました。
感服です。次年度はもっともっと頭を使う内容に変更したいと思います。(笑) (服部)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2.縄文萌え~ 番外編
 
 
皆さま、こんにちは。藤原です。
縄文の国宝全6件のうち、前回まで「火焔型土器」「縄文のビーナス」「仮面の女神」を紹介しました。残り3件を紹介する前に、今回は番外編として長野県野尻湖ナウマンゾウ博物館群馬県みどり市岩宿博物館および相澤忠洋記念館を紹介したいと思います。これら3箇所は、縄文時代より古い旧石器時代以前に関する展示や調査活動を行っています。

デジタコ&物流情報システム開発のフルバック@ナウマンゾウ野尻湖ナウマンゾウ博物館は、日本に住んでいた氷河期時代のゾウ「ナウマンゾウ」の化石が野尻湖から大量に発掘されたことにより出土品を保管展示することを目的に作られました。ナウマンゾウの化石だけではなく、旧石器時代の人々の暮らしがわかる石器・骨器なども同じ場所から発掘され展示されています。これらの発掘調査は一般の方も参加できるので、「我こそは!」と思う方は友の会に登録して参加してみてください。
 
 
↑「月と星」・・・ナウマンゾウの牙とオオツノジカの角が並んだ状態で発見されました。この並びは偶然? 旧石器人が並べたの?
 
 
 
岩宿遺跡は、縄文時代以前の旧石器時代にも日本に人々がデジタコ&物流情報システム開発のフルバック@ナウマンゾウ
生活していたことを最初に裏付けた遺跡です。1946年に相澤忠洋氏が岩宿遺跡の関東ローム層から石器を発見し、その後も地道な調査の末、3年後に黒曜石で作られた石器を発見して決定的なものになりました。
相澤忠洋記念館には相澤氏の発掘した石器を中心に、愛用の遺品を奥様が守っていらっしゃいました。
岩宿博物館には岩宿遺跡の発掘調査結果や、その時代の人々の暮らしぶりが分かる資料が展示されており、楽しいイベントも開催されています。(藤原)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3.最近の出来事 ~酢ピーナッツ~
 
 
皆さん、こんにちは。今年は記録的な暖冬となっていますが、そうはいっても冬は寒いです。
寒いと血圧の上昇が心配な今日この頃。

「高血圧には酢ピーナッツがよいらしい!」と吉武さん。

テレビで紹介されていたのを試してみたらよい感じとのこと。材料も少なく、作り方も簡単。

デジタコ&物流情報システム開発のフルバック@酢ピーナッツ材料
  ・味付けされていない薄皮つきのピーナッツ
  ・酢

 作り方
  ①保存容器にピーナッツを入れて、全体が浸かるくらい酢を注ぐ。
  ②冷蔵庫に入れる。
  ※酢の種類は何でもよい。好みではちみつを加えてもよい。

3日ほどで食べごろ。1か月くらい保存可能。毎朝20粒程度食べると効果的。…ところが!

「冷え性に酢はよくないのでは?」と小華江さん。

冷え性で高血圧気味の場合はどうすれば…でも、とても簡単なので少し作ってみました。
お酢を吸ってピーナッツが膨らんでます。何だかおもしろいです。
少しやわらかくなってほんのり酸っぱいピーナッツ。
砕いてドレッシングに混ぜるのもよいとか。なるほど、おいしそう。

効果はこれから期待。あとから調べると、黒酢は冷え性対策によいらしいです。次は黒酢で作ります。
それにしても皆さん健康にお詳しい。素晴らしいですね。(赤松)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

4.よろず小技集 ~バターを上手に塗る方法~
 
 
朝食はパン派です。そして、数年前にマーガリンからバターに変えました。
そこで気になるのは、とにかく塗りにくいこと! 毎日、朝からストレスを感じていました。
ということで、話題の100均グッズを試してみたのでお伝えします。
 
 
 
① アルミ製バターナイフデジタコ&物流情報システム開発のフルバック@バターナイフ
  熱伝導を利用して、バターを溶かして塗りやすくする商品です。
  ひょっとしたら、初めて使ったときは「塗りやすい!」って
  感じたのかもしれません。でも、ずっと使っていると、もう
  それが普通になってしまって、今は塗りやすい実感はあまり
  ありません。
  …と思いながらも、長い間メイン使用しているのはコレです。
 
 
 
② 直塗りバタースティックデジタコ&物流情報システム開発のフルバック@バターナイフ
  バターをセットして、スティックのり みたいにくるくる
  回して直接塗る商品です。
  「画期的!」と思って試してみました。
  私的には、塗りやすくてとてもよいです\(^o^)/
  欠点はセットが面倒。バターを切って、専用ケースに装着
  します。
  あと、薄付きなので、たっぷり塗りたい人には不向きかな。
 
 
 
③ ふわっとバターナイフ(200円商品)デジタコ&物流情報システム開発のフルバック@バターナイフ
  ナイフにおろし金みたいなのがついていて、バターの表面を
  「スーっ」となぞったら、「ニョロニョロ」と削り取れると
  いう商品です。
  確かに、ふわっとしたのが削れました!
  でも、それをパンに塗るときにやっぱり塊になってしまうん
  です。
  あと最大の欠点は、我が家には左利きがいまして…。
  どうやら、左利きさんは使えないみたいです…。
 
 
気になった方は、『バターナイフ 100均』で調べてみてください。もっと詳しい使用レポートがいっぱいあります。
そして、私自身「これだ!」という方法がまだみつかってません。ストレスなくバターを塗る小技を引き続き探して、習得したいと思います!(佐藤)                             
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5.社員紹介 ~営業チーム:藤牧祥吾~
 
 
こんにちは。サッカー選手から完全移籍でフルバックに加入デジタコ&物流情報システム開発のフルバック@藤牧祥吾
した藤牧祥吾です。清水エスパルスの下部組織で青春時代を過ごし、中京大学を卒業後、ヴァンフォーレ甲府(現J2)、藤枝MYFC(現J3)、ガイナーレ鳥取(現J3)、VONDS市原(関東一部)を経て、地元ヴィアティン三重(JFL)でプレーしてきました‼
大きい顔を活かしたダイナミックなヘディングが特徴でした。
ラクダは顔が大きいほうが美しいと評価されるとか…。
 
 
 
デジタコ&物流情報システム開発のフルバック@藤牧祥吾コロンブスは遊んでいる時に地球が丸いことを思いつき、ニュートンはぼんやりと心を遊ばせている時に木から落ちたリンゴを見て万有引力の着想を得ました。シェイクスピアは言葉遊びを生涯やり続けました。
そして私、藤牧祥吾はサッカーをしている時に、これからの未来に自分の可能性を投資してみたくなりました。

スポーツを通して培った粘り強さ、向上心、オープンマインド、傾聴力、主体性、コミュニケーション能力…
とにかく、アイデア1つで世界の常識を変える。
そんなビジネスマンになります!
 
 
是非ともよろしくお願いします!(藤牧祥吾
 
                            
 
 
 
 
 

6.TDBC認定ソリューション第1号!
 

【準備】本文をお読みになる前に、下記2点をご準備ください。
  ① 頭の中で、思いつく限り最も華やかなファンファーレを思い浮かべてください。
  ② 赤ちゃんの寝顔、カルガモ親子の行進などを想像し、おおらかで優しい心を呼び覚まして
   ください。

【本文】準備はよろしいですか? ありがとうございます。では、どうぞ本文をお楽しみください。

はい、みなさん、こんにちは。フルバックの久長です。デジタコ&物流情報システム開発のフルバック@TDBC
本日1月24日、なぜ私がここ六本木に来ているかと申しますと…。

なんと! 弊社フルバックの JICONAX(ジコナクス)が! 栄えある
「TDBC 認定ソリューション」の第1号に選ばれたからなのです!
(はい、ここでさきほどのファンファーレを脳内再生してください)

TDBC については以前にも書きましたが、もう一回言っときますと、エステじゃないですよー。ローラちゃんは出てきません。TBC ではなく TDBC。「一般社団法人 運輸デジタルビジネス協議会」のことです。

TDBC は、運輸業界を安心・安全・エコロジーな社会基盤に変革し、業界・社会に貢献することを目的としています。そのため、トラックやバスなどの運輸事業者と、IT など様々な業種の企業が連携。
運輸業界における様々な課題を解決するため、様々なテクノロジーや新たなサービスを検討し、それらの効果測定のために現場での実証実験を行なって、その成果を共有します。

「TDBC 認定ソリューション」とは、事業者にとって有益と考えられる製品・サービスを運輸デジタルビジネス協議会として認定する制度です(参照: https://unyu.co/solution/ )。
これすなわち JICONAX が現場での確かな実績と、利用企業からの推薦を受けた優れたソリューションとして、広く運輸業界に向けて推奨されたということ。

今日、2020年1月24日は、弊社フルバックにとってはもとより、トラック・バス・タクシー業界にとっても喜ばしい、記念すべき日となりました!
(はい、このあたりで、おおらかで優しい心が必要になってきますよー)
 
 
 
デジタコ&物流情報システム開発のフルバック@TDBC
 
受賞の場で弊社代表 藤牧が申し上げましたようにフルバックは JICONAX を通じて、またTDBC のメンバーとして、中小企業が多数を占める運輸業界の持続的な成長をサポートし、すべての人に安心な、事故のない社会を、運輸事業者の皆様と一緒に創りたいと考えています。
 
 
 
 
 
 
これからも JICONAX をはじめ、皆様にとって価値のある商品をご提供してまいります。
今後とも、フルバックと JICONAX をよろしくお願いいたします。(久長)
 
 
 
 
 
 
 
                            
 
 
 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ