フルバック通信 第108号(2017/09/08)

 
こんにちは。デジタコ物流情報システム開発フルバック四日市です。
みなさま、いつもご愛読ありがとうございます。
 
 
目次

  • 1.第1回 フォトコンテスト‼
  • 2.自由連載
  • 3.「スペースワールド、全員集合!」
  • 4.よもやま話 ~関数電卓の便利な使い方~
  • 5.我が家の定番めし⑪
  • 6.続・小冊子と女の子 ~ロジスティクスソリューションフェア報告~

 
 
 
1.第1回 フォトコンテスト‼

楽しかった夏休みは終わってしまいましたが、まだまだ夏を満喫したいフルバックは、9月2日に恒例のバーベキューを開催しました。今回は5年ぶりに海での開催です。
山の涼しさ、川のせせらぎもよいですが、青い空と青い海も夏らしくてよかったですよ。

今年は、フォトコンテストを実施してみました。テーマは3つ!
 『夏』部門、 『ニセモノ』部門、 『隠し撮り』部門

参加者みんなが撮った写真を、社内で使用している Salesforce の Chatter 内に投稿して、「いいね!」の数を競います。その優秀作品とともに、楽しかった夏の1日を紹介したいと思います!

デジタコ&物流情報システム開発のフルバック@BBQ
 
 
 
2.自由連載

デジタコ&物流情報システム開発のフルバック@自由連載「…お待ちしていました、ヒサナガさん。いや、元・編集長殿♪ とお呼びしたほうがよろしいでしょうか? ホーッホッホッホッホッ」

 暗くて見えないが、その耳に障る笑い声は 現・フル通編集部のヒラオカか?
 しかし、なぜオレをここに連れ…

「単刀直入に申し上げましょう。あなた、記事を書きたくはないですか?
 それも6ヶ月の自由連載…。いかがでしょう? あなたにとって悪い話ではない はずですが? ホーッホッホッホ」

4年前の、あの忌まわしいクーデター…。デジタコ&物流情報システム開発のフルバック@自由連載
 編集長の座を剥奪されたオレは、ずっと販促営業室に幽閉されてきた。
 『監査員が絶賛した労働時間管理』の赤い小冊子を作る他は、帝国と化した編集部から、一切の執筆活動を制限され続けてきたのだ。
 …ちっ! それを今さら! オレに記事を!? 記事を…。

・・・
「ヒラオカ様…。あの男。書くでしょうか…?」デジタコ&物流情報システム開発のフルバック@自由連載
「必ず書きます。飛べない鳥はさえずるしかないではありませんか。しばしの自由とペンを餌に、我が体制にせいぜい貢献していただきましょう! ホーッホッホッホ、ワァーッハッハッハッ…!」

・・・
 さて、ヒサナガは記事を連載するのか? すでに連載を引き受けたものの、テーマが思い浮かばないので今回はごまかしているという噂は本当なのか? 次号、アナタは2ページ上段から目が離せない!(久長)
 
 
 
3.「スペースワールド、全員集合!」

「最後の夏だヨ! 全員集合!」デジタコ&物流情報システム開発のフルバック@スペースワールド
SPACE WORLD FINAL 2017

2017年12月31日に閉園するスペースワールドのCMが、脳天気すぎて笑ったというネットのツイートで懐かしさを感じ、8月に行ってきました。

福岡県北九州市のテーマパーク「スペースワールド」は1990年オープン。
宇宙飛行士の訓練を体験できる施設や、実物大スペースシャトルのレプリカなど、宇宙をテーマにした娯楽施設が人気を呼んでいました。
ピークは1997年度。この頃に2回訪問し、子供をスペースキャンプに参加させたいと思ったものです(現在キャンプ施設はありません)。

園内には絶叫系コースターをはじめ、レトロでフォトジェニックなスポットがたくさん!
 
 
デジタコ&物流情報システム開発のフルバック@スペースワールド宇宙博物館には宇宙服の実物、アポロ22号のカプセル、スペースシャトルの主エンジン等の展示物が並んでいます。
アポロ12号が採取した月の石も発見!

せっかく近くまで来たので、スペースワールドから徒歩10分にある世界遺産「官営八幡製鐵所旧本事務所」も見学。
眺望スペースで写真をパチリ。(吉武)
 
 
 
4.よもやま話 ~関数電卓の便利な使い方~

皆さん、こんにちは。平岡です。
さて、いつだったかこのフル通で、関数電卓(Fig.1)を紹介したことがありました。小難しい数学的な計算を行う電卓というイメージがあるかもしれませんが、今日はその関数電卓のちょっと便利な使い方を紹介したいと思います。

今回紹介するのは時間計算です。
日々の業務の中で(日報などを見て)時間の計算をしなければいけないシーンがありませんか?
例えばこんな感じです。
 始業終業時刻:11時44分32秒 ~ 21時13分22秒

さて、間の時間は何時間何分何秒でしょうか?
即座に暗算できるとしたら大したものです。日頃からこのような計算に追われているのでしょう(笑)
こういう計算は Excel などでもできますが、関数電卓を使ってささっと計算することができます。
関数電卓には60進法(または度分秒)計算の機能があります(Fig.2)。
これを使えば時間の足し算も引き算もお手の物です。上記の例だと、9時間28分50秒ですね(Fig.3)。

デジタコ&物流情報システム開発のフルバック@関数電卓その他にもたまにあるのが、 1.18時間 みたいな時間の10進表現です。
1時間とちょっとってことはわかりますが、具体的には1時間と何分何秒なのか、、、これもぱっと暗算するのは難しいですが、関数電卓なら一発で時分秒に変換してくれます(Fig.4)。
1.18時間は1時間10分48秒でした。

とまぁこんな感じで、私は時間計算をする時にも関数電卓を便利に使っています。(平岡)
 
 
 
5.我が家の定番めし⑪

待ちに待った美味しい季節がやってきました♪ デジタコ&物流情報システム開発のフルバック@山の幸のパエリア
新米も栗もサンマもお芋も美味しいですが、今回は季節感のない 「我が家の(超)定番めし」を紹介させていただきます。

実はレシピは10数年前の某料理雑誌に載っていたものです。作ってみたら簡単でおいしかったので、スクラップして保存していました(スクラップ:新聞や雑誌を切り抜くこと。年齢がバレるかしら?)。
週末に「ごはん何が食べたい~?」の問いに「何でもいい~」と返されると、ムカムカしながら「じゃあパエリア」と答えます。反対意見はまずありません。

<山の幸のパエリア>
米、鶏もも肉、ベーコン、にんにく、玉ねぎ、しめじ、プチトマト、アスパラ(ブロッコリーやピーマン、グリーンピースでも可)、固形スープの素、塩、コショウ、サラダ油

材料でお分かりになると思いますが、本格的なパエリアではありません。魚介類やサフランは用いず、オーブンも使わず、フライパンで作る洋風炊き込みごはん、という感じです。
出来上がると、フライパンのままドンッとテーブルに出し、あとはセルフサービス。テーブルを占領するので他のおかずが少なくても寂しくない! 洗い物も少ない! ということで、疲れ切った週末にピッタリです。白いご飯が大好きな娘も、これは喜んで食べてくれます。
詳細レシピを知りたい方は、お気軽にフルバックまでお問い合わせを~♪ (藤原)
 
 
 
6.続・小冊子と女の子 ~ロジスティクスソリューションフェア報告~

皆さんこんにちは。西川です。デジタコ&物流情報システム開発のフルバック@ロジスティクスソリューションフェア
8月末、ロジスティクスソリューションフェアに出展してJICONAX(ジコナクスと読みます)を紹介してきました。

5月の展示会に引き続き、出展の目的は名刺集め。そう、フル通の発行部数を伸ばす。ただそれだけなのです。

5月に行った展示会では、小冊子と元気ハツラツな女の子を武器に、3日間で1143枚の名刺を集め、作戦大成功。
※詳しい作戦を知りたい方は、「フルバック 小冊子」で検索。

そんな成功に味を占め、今回の展示会でも同じ作戦を決行!
なんと前回より1日少ない日数で、1573枚もの名刺をゲット!
今回の作戦も大成功となったわけである。

・・・とはいえ、まだまだライバルの日経には遠く及ばない。しかし、同じ作戦が永遠に続けられるほど世の中は甘くもない。日経を追い抜くまでは、我々の戦いは終わらないのだ。(西川)

デジタコ&物流情報システム開発のフルバック@ロジスティクスソリューションフェア

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ